閉じる

検索したいキーワードを入力してください

やきとりスタジアム東京

ご予約はお電話・WEBで
TEL 03-6263-9481

menu
予約
menu
menu
閉じる

FacebookTwitterRSS

雄大な大地の恵みと、親子二代心血注いで守る味「室蘭やきとり」

室蘭 やきとりの一平本店

昭和25年、現在の店主の父が創業した「一平」は、豚肉、玉ねぎ、洋がらしを組み合わせた「室蘭やきとり」の代表的存在。大正ロマンを感じる店内にはjazzが流れ、老若男女から愛される店としてあり続けている。親子二代、長年心血を注いだタレや、自家焙煎の塩は、北海道産豚肉の旨味を最大限に引き出している。部位は赤身と脂身のバランスが程よい肩ロースを使用。広い大地で育った北海道産豚肉は安心・安全・安定はもとより、「食感」と「うまみ」が際立つ。

東松山周辺の方は驚かないかもしれませんが、全国的に見て「やきとり」が豚なのは珍しいです。室蘭もそう。日中戦争の時代に食糧増産のために農家が豚を飼うようになり、養豚が盛んに。そのため、やきとりも豚肉になったのだとか。ちょっと甘めなタレに、やや辛めの洋がらしがアクセントを添えます。「一平」は室蘭を代表するやきとり店。ジャズが流れる本店は最近、2階の大広間も出来てさらにBIGに。蔵を模した外観も素敵な1軒です。

はんつ遠藤さん

ご当地やきとり、ここが食べどころ!

人気の味だからこそ、毎年進化しています!!北海道産豚肩ロースと玉ネギを刺した串を炭火で焼き上げ、大人の味のタレに加えて、洋ガラシをつけて食べるのが「室蘭やきとり」。「やきとリンピック」でのやきとりコンテスト連続優勝が示すように、美味しさは折り紙付き。自家焙煎の塩を使うなど、みんなの評価に満足することなく、こだわりの味を追求しています。「味は年々進化させているんですよ」と大将。進化する美味しさをご確認ください。やきとりの一平本店串に添えられる洋ガラシにも理由がある豚ロース肉と玉ネギの刺さった串を炭火で焼き上げ、甘めのタレをかける。その串を洋ガラシにつけて食べると、鼻に抜けるツンとした衝撃とともに食欲スイッチが入り、「室蘭やきとり」を何本も食べたくなってしまう。屋台で営業していた頃、客がメニューのおでんに添えられたカラシをやきとりにつけたところ、存外に美味しかったことから広まったという。豚肉中心のメニューは、戦時中に軍靴をつくる工場があり、皮を取った残りの肉や内臓が安価に出回ったので、豚肉のやきとりが食べられるようになったというが、本当だろうか?全国やきとり連絡協議会 やきとり文化研究所 所長 土井中 照

代表者石塚和義
住所北海道室蘭市中島町1丁目17-3
営業時間平日17:00~23:00/金・土17:00~24:00
席数40席
URLhttp://www.e-ippei.com/
室蘭やきとりの特徴は
こちらをクリック!

ippei_1

ippei_2

ネットの評判
ジューシーさ★★★★
歯ごたえ★★★★★
バリエーション★★★★★
見た目のインパクト★★★★★
トッピング★★★★

みんなのクチコミ

  • 甘めのタレにピリッとした洋カラシがよく合っている!
  • 丁寧に焼き上げられているから、肉の甘みを感じる!

NEWS News 新着ニュース

全や連総本店一覧

全国やきとり連絡協議会一覧

メディア掲載情報一覧

名誉館長ブログ一覧

取材のお問い合わせ


PickUp Pick Up ピックアップコンテンツ

第11回世界やきとリンピック inフィレンツェ

やきとリンピック

全国各地の名店がフィレンツェに集結。10月20日・21日開催!

やきとりジャーナリスト対談

やきとりジャーナリスト対談

文化、歴史から、現在、未来まで。やきとりをディープに語ります

やきとり百科

やきとり百科

やきとりをあらゆる角度から解説。やきとりを学びたい方へ

名誉館長ブログ

名誉館長ブログ

やきとりの最新情報が満載。これを読めばやきとり通に!