閉じる

検索したいキーワードを入力してください

やきとりスタジアム東京

ご予約はお電話・WEBで
TEL 03-6263-9481

menu
予約
menu
menu
閉じる

FacebookTwitterRSS

7大ご当地やきとり もっと知りたい今治・やきとり店

About Imabari今治市はこんなところ

今治市は愛媛県の北東部、瀬戸内海に面しています。2005年の1郡11町村合併によって人口が18万人となり、松山市に次いで愛媛県第二の都市となりました。かつて海運が盛だったことから、船の建造や修理、やがては造船へと産業が発展し、造船所や海運会社が増えてたくさんの人が従事しています。

1600年に築かれた今治城と城下町。堀は海へと繋がっているので、潮の干満で堀の水位が変わり、今でも鯛やヒラメなどの海の魚が泳いでいるそうです。点在する島々を繋いだ道は“瀬戸内しまなみ海道”と名付けられ、自転車・歩行車道も充実しています。

今治の人柄・出身者

関西圏の文化的影響を強く受ける今治市。今治人の気質も経済にシビアで、合理的な考え方をします。「石を投げれば社長に当たる」と言われるほど多くの中小企業があり、人に使われるより、自分が先頭に立ちたいという気質が顕著です。
建築家の丹下健三、スーパーフライの越智志帆などアーティストを輩出しています。大阪文化の影響もあり、中田カウス、村上ショージ、横山ひろしなどのコメディアンも多彩です。

今治のまちとやきとり

明治時代に入ると、豊かな水を活かしてネルなどの綿織物をはじめとする繊維産業が盛んになり、タオルの先進地となりました。戦後、造船所が鋼船の月賦販売を実施。この地方に多くの船主が誕生したため、今治は造船とともに、海運も盛んになりました。
造船所などで働くブルーカラーの人々が安価なやきとりに飛びつきました。海に近いので、外食には魚よりも肉が好まれます。今では「やきとりの町」として認知され、多くの観光客もやきとり屋のカウンターに並んでいます。

今治で立ち寄りたいやきとり店

焼鳥 まる屋

焼き台を囲む一階のカウンター席と、落ち着いた雰囲気の二階席。お店に響く名物の女将さんの声が印象的で、やきとり、丼は、人柄が伝わる味わいです。
オーナー 徳永圭子

住所愛媛県今治市旭町4-3-32
電話番号0898-32-3638
営業時間17:30~23:00
定休日日曜

鳥料理 はち八

名物の「皮」にネギを加えたオリジナル「ネギカワ」は、お酒だけではなく、ご飯にもぴったりの大人の味。箸がすすむ一品です。
オーナー 山口正信

住所愛媛県今治市郷本町2-3-8
電話番号0898-32-8281
営業時間17:00~23:00
定休日月曜

頼登

やきとりや「せんざんき」を中心とした仕出し料理も人気の店。店名には、どこまでも登っていきたい願いが込められています。
オーナー 岩城頼彦

住所愛媛県今治市末広町2-2-3
電話番号0898-25-2558
営業時間17:00~23:00
定休日水曜

新味鳥 常盤店

2代目が新店舗をオープン。若いスタッフで切り盛りしています。名物の「皮」は、やわらかいタイプ。タレをたっぷりとかけていただきます。
オーナー 新子健児

住所愛媛県今治市常盤町8-2-14
電話番号0898-24-2662
営業時間17:00~23:00
定休日不定休

NEWS News 新着ニュース

全や連総本店一覧

全国やきとり連絡協議会一覧

メディア掲載情報一覧

名誉館長ブログ一覧

取材のお問い合わせ


PickUp Pick Up ピックアップコンテンツ

第11回世界やきとリンピック inフィレンツェ

やきとリンピック

全国各地の名店がフィレンツェに集結。10月20日・21日開催!

やきとりジャーナリスト対談

やきとりジャーナリスト対談

文化、歴史から、現在、未来まで。やきとりをディープに語ります

やきとり百科

やきとり百科

やきとりをあらゆる角度から解説。やきとりを学びたい方へ

名誉館長ブログ

名誉館長ブログ

やきとりの最新情報が満載。これを読めばやきとり通に!