閉じる

全国ご当地やきとり 全や連総本店TOKYO東京・大手町 全国ご当地やきとり 全や連総本店TOKYO

全や連総本店おすすめ

検索したいキーワードを入力してください

東京・大手町 全国ご当地やきとり 全や連総本店TOKYO

ご予約はお電話・WEBで
TEL. 03-3231-7705

menu
予約
menu
menu
閉じる

FacebookTwitterRSS

長門やきとり修行旅

sp_nagato_h01

sp_nagato_img01

東京・大手町にある「全や連総本店」には、日本中のご当地やきとりを求め、毎日たくさんのお客様がご来店されます。
「この味、故郷の味だ! 東京で楽しめるとは!」と喜ばれるお客様もいれば、「行ったことがないので初体験の味だけれど、現地でもこういう味付けなの?」と質問されるお客様もいます。

全や連総本店では、ご当地で人気を集めるお店から伝授された味を忠実に再現して提供しているため、まさしく「ご当地の味」なのですが、その魅力やこだわりを正しくお伝えするのは簡単ではありません。
特に土地に馴染みのないスタッフにとっては、「長門やきとりってどういう特徴?」「長門市ってどういうところ?」と尋ねられると、なかなかうまく説明できないことも。

そこで今回、「現地のことを学ぶなら、現地に行ってみるのが一番!」ということで、各ご当地焼き鳥の街に「実地研修」に行ってきました。
今回研修を受けるのは全や連総本店でホールスタッフとして働いている、若手アルバイト3人。さてどんな修行の旅になるのでしょうか?

sp_nagato_img02

今回、気持よく3人の研修を受けいれていただいたのは、全や連総本店でもご協力いただいている「ちくぜん」さん。女性スタッフのみで運営されており、仕込みの丁寧さに定評のある長門市の人気店です。
さっそく研修を開始した3人。日頃はホールスタッフをしているため、仕込みや調理に関わることはないのですが、今回の研修では串打ちを体験しました。
「このお肉はこう切って、こう刺すと……ほらちょうどピッタリ同じ重さ」
ちくぜんのスタッフさんが実演する見事な手さばきは、何気ないようで、実際にやろうとするととても大変! 一朝一夕に会得できるものではありません。

出来た串を手早く焼いていく腕前も感嘆もの。絶妙な火加減で焼かれた串を試食すると、驚きの美味しさ。全や連総本店でもお出ししている串ですが、お店の雰囲気やご当地に来た高揚感からか、いつも以上に深い味わいに感じられました。

「作っているところや現地の雰囲気を知った上で食べると、また格別ですね。全や連に訪れるお客様もきっと、お店の特徴や『長門市』のことを深く知れば、今まで以上に楽しく料理を味わってもらえるかも!」
そう気付かされた調理体験でした。

sp_nagato_img03

sp_nagato_h02

sp_nagato_img04

長門研修では、「ちくぜんさんのやきとりを学ぶ」ことが最大の目的でしたが、一方で、「全や連総本店に訪れるお客様に、やきとり以外のご当地の魅力もお伝えできるようになる」ことも重要なテーマでした。
そこで、3人はちくぜんさん以外の場所にも積極的に訪問しました。

「長門市が誇る詩人・金子みすゞ記念館」
「地元の海でとれた新鮮な魚介が並ぶ仙崎市場」
「伝統の萩焼作りを体験できる盤石窯」
「魚介類の加工方法を研修した木村水産」

どの体験も、長門市の豊かな自然や文化、あたたかい人達と出会えた素敵な経験となりました。

sp_nagato_img05

今回の研修中、なんとラジオ番組のオファーを受けることになった3人。訪れたのは地元で愛されるコミュニティFM・FM AQUAさんのスタジオ。

お客様への接客やトークには自信があるものの、たくさんの視聴者を相手にしゃべるとなると話は別。ちょっと緊張気味の3人でしたが、いざ番組が始まると「なぜ長門に来たのか」「全や連が取り組んでいること」「研修を通じて知った長門市の魅力」など、自分たちの言葉でしっかりと話すことができました。

また、ラジオ以外にもテレビ局からの取材にも応じました。
これだけメディアの方々に取り上げていただけたのも、「東京にいながら全国のご当地やきとりが食べられる、やきとりテーマパーク」である全や連総本店のスタッフが、実際に現地で研修をするという取り組みが、多くの方に興味を持っていただけたから。長門市の良いところをひとつでも多く体験して研修を終えなければ、気持ちを新たにした3人でした。

sp_nagato_img06

sp_nagato_h03

sp_nagato_img07

「全や連総本店」を運営する株式会社ひびき®は様々な場所への研修を行っていますが、共通する楽しみといえば「観光」!
もちろんお店での研修など、学ぶことも多く楽しいのですが、折角日頃これない場所に来たのだから、いろいろな場所を見て回らねば……。そんな3人がやってきたのは観光列車「みすゞ潮彩」が発車する長門粟野駅。

待っていると、アールデコ調のかわいい列車が到着。早速乗り込むことに。中のレイアウトも独特で、車窓からの風景をゆったり楽しめる座席配置になっていました。
すぎゆく青い海の光景はどこまでも穏やかで、仕事のことも一瞬忘れてしまいそうなくらい、のんびりした気分になりました。

sp_nagato_img08

観光列車は仙崎から新下関まで続きますが、途中下車して観光名所として有名な「角島」を目指すことに。
人口800人あまりの小さな島ですが、白い砂浜に澄み渡る美しい海、そして離島架橋の長さでは日本第2位を誇る角島大橋の壮大な景観が楽しめます。
他では味わえない「ここだけの風景」にうっとりする3人。

「こういったきれいな景色や文化、あたたかい人々も含めて『長門』であり『長門やきとり』なんですよね。今まで全や連総本店のお客様に味や長門について尋ねられても、知識として知っていることしか答えられませんでした。これからは自分たちが目で見て手で触れた『長門の魅力』をしっかりお伝えしていきたいと思います!」
研修を終え、そう締めくくった3人の顔は、研修前のそれよりぐっと頼もしく見えました。

sp_nagato_img09
sp_nagato_img10

NEWS News 新着ニュース

全や連総本店一覧

全国やきとり連絡協議会一覧

メディア掲載情報一覧

名誉館長ブログ一覧

取材のお問い合わせ


PickUp Pick Up ピックアップコンテンツ

第10回全国やきとリンピック

やきとリンピック

全国のご当地やきとりが
信州上田に集結。
10月1日(土)・2日(日)開催!

ご当地やきとり

ご当地やきとり

北海道から九州まで全国7か所のやきとりを、東京・大手町で!

やきとりメニュー

やきとりメニュー

やきとりはもちろん、豊富なメニューでつい試したくなります

名誉館長ブログ

名誉館長ブログ

やきとりの最新情報が満載。これを読めばやきとり通に!

閉じる

【貸切のお知らせ】2月25日(土)は14時以降貸切営業となります。ランチ(12:00~14:00)は営業します!