閉じる

検索したいキーワードを入力してください

東京・大手町 全国ご当地やきとり 全や連総本店TOKYO

ご予約はお電話・WEBで
TEL. 03-3231-7705

menu
予約
menu
menu
閉じる

FacebookTwitterRSS

やきとり図書館

やきとりが登場するエッセイ・雑誌・漫画・専門書をまとめました。

エッセイ

装丁 発行年 題名・筆者 内容
eb009 1956 食べもの随筆
河出書房編集部編
(河出書房)
食べものに関するエッセイ集。新派を代表する女形役者の花柳章太郎がやきとりの魅力を綴った「偽むらさき」を掲載している。
eb001 1984 ショージ君の「料理大好き!」
東海林さだお
(新潮文庫)
料理人の指導によりショージ君が料理をつくるという内容。
「焼鳥の巻」では焼鳥、鶏のたたき、立田揚げ、手羽焼きの四品のつくり方を教わる。
eb005 1985 食物漫遊記
種村季広
(ちくま文庫)
博識の ドイツ文学者の食べ物エッセイ。
「絶対の探究 -岡山の焼鳥」という文で、記憶の中の焼鳥屋を思いめぐらす。日本一の焼鳥屋というそれは、まるでヒッチコックいうところの「マクガフィン」だ。(マクガフィンとは真実を隠すための仕掛けのようなもの)
eb007 1985 食は三代 -東西食文化考-
出井宏和
(新潮文庫)
老舗料亭に生まれ、世界を遊学した筆者の体験をもとに料理を語る。
「ヨーロッパの鶏料理」という項でブリュッセル万国博覧会に焼鳥を出し、好評を得たという。
eb004 1986 料理ノ御稽古
嵐山光三郎
(光文社文庫)
料理をとにかく自分でつくってみようというという本。
「禁じられた焼き鳥王国」として、さまざまな焼き鳥づくりにチャレンジする。
◎嵐山光三郎氏の名著『文人悪食』『文人暴食』では鳥料理を食べた漱石や子規、焼鳥を食べた島崎藤村、川端康成、焼鳥屋を営んだ草野心平らが記されている。
eb011 1989 スーパーガイド 東京B級グルメ
文藝春秋編
(文春文庫)
B級グルメシリーズ化第一冊目
「男女雇用機会均等法的焼鳥学(井田真木子)」と題し、女性の視点で焼鳥屋を探索し、メニューやお店を紹介。
eb012 1989 B級グルメの東京自由自在
文藝春秋編
(文春文庫)
B級グルメシリーズの一冊
「安うま手土産コーフンカンゲキ大図鑑(下森真澄)」として鶏肉惣菜を紹介。
eb013 1990 B級グルメの東京一番しぼり
文藝春秋編
(文春文庫)
B級グルメシリーズの一冊
「ガード下の店がうまいことはわかっていた(渋谷照美)」として、有楽町・新橋界隈の店を紹介。その中に「羅生門」「トンネル横丁」などのやきとり店もある。
eb014 1993 B級グルメ大情報’93~’94
文藝春秋編
(文春文庫)
B級グルメシリーズの一冊。東京B級グルメ900店のデータと地図が載っている。
そのうち焼鳥屋は「鳥いち」「とり九」「さくら家」「鳥善(勝どき)」「銀座とり安」「当りや」「青梅」「武ちゃん」「鳥政」「鳥繁」「明珍」「鳥新」「鳥巣亭」「森本」「鳥善(恵比寿)」「鳥伊那」「竹やぶ」「しゃも重」「鳥やす支店」「江戸政」の20軒、やきとんの「ばん」
eb002 1994 タコの丸かじり
東海林さだお
(文春文庫)
丸かじりシリーズの一冊。
「焼鳥の串の業績を讃える」というタイトルで、焼鳥の串の重要性に着目する。
eb008 1996 ナマズの丸かじり
東海林さだお
(文春文庫)
丸かじりシリーズの一冊。
「ネギの憂鬱」というタイトルで、ネギの存在を語る。
eb006 1997 「食」の自叙伝
文藝春秋編
(文春文庫)
「MARCOPOLO」に91年から93年まで連載されていた記事を転載。
作家のピート・ハミルが「ワイフのおかげで日本料理ファンになってるから、まず最初にネタの新鮮なスシを食べたい。そのあと、焼鳥なんかを」という文がある。(焼鳥のことはここだけ)
eb003 1999 駅弁の丸かじり
東海林さだお
(文春文庫)
丸かじりシリーズの一冊。
「ヤキトリの美学」というタイトルで、上品なヤキトリの食べ方、串の抜き方に言及する。

▲ページトップへ

マンガ

装丁 発行年 題名・筆者 内容
mb001 1991 美味しんぼ 29
雁屋 哲・作 / 花咲アキラ・画
(小学館)
[「究極」の弱点〈後編〉]のやきとりに登場するのは「鶏のボンボチ」。栗田ゆう子(この時点では未婚)に思いをよせる大出版社の社長・団氏の好物がやきとりだった。
mb002 1994 美味しんぼ 43
雁屋 哲・作 / 花咲アキラ・画
(小学館)
[食は人を表わす]に登場するのは「シャモのやきとり」モモ肉、スナギモ、レバー。栗田ゆう子の兄とささいなことで喧嘩した山岡だが、食べ物で仲直りをすることに。
mb003 1994 美味しんぼ 48
雁屋 哲・作 / 花咲アキラ・画
(小学館)
[屋台と料亭]大人気のやきとり屋「槍十」の大将は老舗料亭「田長」の息子だった。果たして、屋台と料亭に差はあるのか?
mb004 2001 美味しんぼ塾
雁屋 哲
(小学館)
漫画「美味しんぼ」に登場する料理の解説本。やきとりに関係があるのは、第4講「鶏肉」。作者は現在の鶏肉の味に閉口していることがよくわかる。
mb005 2002 味いちもんめ
あべ善太・作 / 倉田よしみ・画
(小学館)
主人公の伊橋がやきとり屋台の大将から仕事の心構えを教わる「ヤキトリ」、客と話をする時の心得を教わる「カウンター」、大事にしていたやきとりタレを入れていた瓶を壊される「幽案地」、再起をかける「タレ」などのやきとりネタが並ぶ。

▲ページトップへ

雑誌

装丁 発行年 題名・筆者 内容
zb004 1994.1/1 サライ
(小学館)
特集/おいしい鶏を食べたい
全国の地鶏、銘柄鶏を取材している。
zb001 1997.10号 料理百科
(柴田書店)
特集/焼鳥 串焼き 煮込み
各種メニューのつくり方、鶏肉の流通と仕入れ、国産銘柄鶏の知識、グリラーの選択、東松山の紹介など。
zb002 1998.18号 料理百科
(柴田書店)
特集/卵
卵の魅力、卵料理のコツ、料理紹介など。
zb003 1998.22号 料理百科
(柴田書店)
特集/鶏肉 鳥肉
ダチョウ、鶏、鴨、地鶏などの料理。
zb006 1999.8 dancyu
(プレジデント社)
特集/「焼き鳥」夏祭り
人気の焼き鳥店の紹介。「つくね」「名古屋コーチン」の特集。外国人と焼き鳥など。
zb005 2005.2/3 サライ
(小学館)
特集/銘柄豚料理に舌鼓
銘柄蓋の特徴。数は少ないが「やきとん」の店を取りあげている。
zb007 2006.5 料理王国
(料理王国社)
特集/鶏料理の底力を知る
個性的なやきとり屋の紹介や鶏の知識、地鶏と銘柄鶏を取りあげている。

▲ページトップへ

単行本[やきとり・鶏]

装丁 発行年 題名・筆者 内容
yb001 1983 金のない人こそ商売をヤレ!
(1998 改訂版発行)
辻 成晃
(旭屋出版)
筆者はダイキチシステム社長。やきとり居酒屋の開業を考える人へ焼き鳥チェーン「大吉」への加入をすすめる本。
bb003 1983 ものと人間の文化史49 鶏
山口健児
(法政大学出版局)
ものと人間の文化史シリーズの一冊。
鶏を歴史と民俗の面から見つめる。ジャンルごとに細かく分かれ、読みやすい。
yb002 1986 新・儲かるメニュー
やきとり・串焼き
(柴田書店)
やきとりのメニューをカラーで紹介。食材の知識や調理技術、繁盛店研究などが記載され、飽きさせない。
tb001 1990 養鶏屋さんが書いた鶏肉の本
松本順一
(三水社)
養鶏の歴史や鶏肉料理、昔のかしわと今の鶏肉の比較など、養鶏業者の視点から書いた本。
yb004 1996 料理と食シリーズ20
焼とり 串かつ 串料理
(旭屋出版)
全国の店とメニューを紹介、串料理の魅力をわかりやすく伝えている。他に歴史や炭の知識、メニューのつくり方など、豊富な内容だ。

▲ページトップへ

単行本[材料]

装丁 発行年 題名・筆者 内容
nb003 1972 調理材料事典
齋藤 進・監修 / 浅見安彦・著
(柴田書店)
材料を見分けるコツや仕入れの知識を書いた本。商品について詳しい知識が得られる。
nb001 1983 肉ガイドブック
上野川修一・滝口操共編
(女子栄養大学出版部)
肉や内臓とともに、それをつかった料理も掲載されている。オールカラー。
nb002 1999 日本食材百科事典
講談社編
(講談社+α文庫)
オールカラーで食材を網羅した文庫。肉や内臓についての記述も詳しい。

▲ページトップへ

単行本[食文化]

装丁 発行年 題名・筆者 内容
hb002 1957 いかもの 珍味奇味
角田 猛
(ダヴィッド社)
常識の上から、あまり食べないものを体験から紹介する本。その中に「もつ料理」の項がある。近代のやきとりに関する文献は多くないが、明治期からのやきとりについて書かれている数少ない本。
sb004 1974 歴史読本臨時増刊 日本たべもの百科
(新人物往来社)
歴史百科シリーズの一冊。
読み物と総覧で食物・食生活を語る。基礎的な知識が中心だが、参考資料も豊富だ。
bb004 1975 食の文化史
大塚 滋
(中公新書)
食生活の文化的側面を取りあげた本。
やきとりに関係するのは「肉食の文化史」「豚肉考現学」「鶏肉ものがたり」の項。
sb003 1986 日本人の歴史2 食物と日本人
樋口清之
(講談社文庫)
古代から現代まで、日本の食生活を駆け足で紹介。やきとりに関する記述は少ないが、日本の食文化の歴史がよくわかる。
sb002 1992 歴史読本特別増刊 たべもの日本史総覧
(新人物往来社)
歴史ファンに定評のある総覧シリーズの一冊。
食を歴史と文化の両側面からとらえ、食について調べるときにはとても参考になる。穀物類、野菜類、果物・菓子類、魚介類、肉類、飲料、調味料について語られており、年表や事典など参考資料も豊富だ。手放せない一冊である。
hb010 1996 B級グルメ伝説
林 功
(扶桑社)
庶民の食べものについて書かれた本。「ちいさな焼き鳥が隠す大きな秘密」と題してやきとりのルーツと現在を探る。
fb015 2002 47都道府県「味」のなるほどお国自慢
前垣和義
(PHP文庫)
[「味」で味なまちおこし]という項で、今治、室蘭、東松山の「焼き鳥の町日本一」が記されている。これらのなかで掲載されているのは今治のみ。
bb002 2004 焼肉の文化史
佐々木道雄
(明石書店)
東アジアの食文化に関心を持つ著者が、焼肉、焼鳥の歴史や通説に一石を投じた本。多くのデータを積み重ね、仮説を証明していく姿に好感が持てる。ホルモンを「放るもん」の転訛とする説は誤りという話は説得力がある。

▲ページトップへ

単行本[歴史]

装丁 発行年 題名・筆者 内容
hb005 1993復刻(1934) 日本食物史
[上]桜井 秀・足立 勇共著
[下]笹川 臨風・足立 勇共著
(雄山閣)
上下二冊。日本料理の歴史を研究する人にとってバイブルのような本。上巻が上代から室町時代。下巻が安土・桃山時代から明治初期までについて書かれている。
hb013 1972 たべもの日本史
多田鉄之助
(新人物往来社)
日本料理の歴史をわかりやすく伝える本。引用もていねいで、興味を引く項目も多い。
hb012 1975 たべもの文化誌
小柳輝一
(新人物往来社)
縄文時代と平安期の獣肉食についてページを多く割いている。
hb001 1996 食の考古学
佐原 真
(東京大学出版局)
古代における豚、鶏のことが詳しく書かれている。
hb006 1997 和食の履歴書
平野雅章
(淡交社)
「焼きとり」の項でやきとりの歴史を解説。明治のやきとり文化、特に『実業の栞』の記述について詳しい。
hb003 1999 たべもの史話
鈴木晋一
(小学館ライブラリー)
さまざまな日本の食べ物について言及。やきとりには「日本肉食史についての覚書」「鳥料理」「卵を食べる」が大いに参考となる。
hb004 2000 明治西洋料理起源
前坊 洋
(岩波書店)
明治維新後の日本がどのように西洋料理を受け入れたかを描く。東京の肉屋とシャモ屋の詳細な資料が掲載されている。
hb007 2001 朝鮮通信使の饗応
高正晴子
(明石書店)
近世に行われた朝鮮通信使への饗応献立に着目し、異文化の交流を論じた本。献立の中に「焼鳥」の文字が散見できる。
hb011 2003 江戸あじわい図譜
高橋幹夫
(ちくま文庫)
『守貞漫稿』(江戸風俗志)の図版で江戸の料理などを紹介した本。
江戸時代の肉食について「獣肉」の項で『守貞漫稿』『当流節用料理大全』の記述を引用してある。

▲ページトップへ

古典・資料

装丁 発行年 題名・筆者 内容
平安時代末 類聚雑要抄
作者不祥
餐宴における食べ物の配列を記した長さ数メートルの巻き物。「鳥焼物」が記述されている。
鎌倉時代初期 厨事類記
左馬権助紀朝臣
王朝時代の行事食についての研究書。「鳥足」の説明がある。『群書類従』に収録。
1489 四条流庖丁書
作者不祥
室町時代の料理書。四条流とは料理流派のひとつ。調理技術、配膳や飲食の作法、食事の席上の礼儀作法などが確立していることを示す。キジ、ツルなどの料理が出てくる。『群書類従』に収録。
1535 武家調味故実
伝・藤原隆重
料理のことを聞き書きしたもの。「鳥の焼物」が出てくる。『群書類従』に収録。
中世(江戸期に近い) 包丁聞書
作者不祥
「鶉のやき鳥には、両羽を切り広げ、其上に檜葉を置盛也、是を葉改敷といふ也」という記述がある。『群書類従』に収録。
江戸時代初期 料理物語
作者不祥
材料や調理法を具体的に書いた本。鳥の料理に「焼鳥」「串焼き」が出てくる。教育社(現ニュートンプレス)から和訳本が出ている。
1689 合類日用料理抄
作者不祥
当時の料理本の集大成。焼鳥の調理方法が描かれている。「鳥を串にさし薄霜ほどに塩をふりかけ焼き申候。よく焼申時分、醤油の中へ酒を少加へ、右のやき鳥をつけ、又一へん付て其醤油のかはかぬ内に座敷へ出し申候」とある。
1695 本朝食鑑
小野必大
医者が書いた食べ物の本。鶏、牛、豚などの詳しい記述がある。東洋文庫(平凡社)から刊行されている。
hb017 1708 養生訓
貝原益軒
健康について書かれた本。「食べあわせ」について書かれたものは、現在と全く違い興味深い。岩波文庫から刊行されている。
1713 和漢三才図会
寺島良安
わが国初の百科事典。鶏、牛、豚などの記述がある。東洋文庫(平凡社)から刊行されている。全18巻。
1803~1806 本草綱目
小野蘭山の言を職孝が筆記整理
江戸時代に書かれた植物、動物の事典。鶏、牛、豚などの詳しい記述がある。『本草綱目啓蒙』として東洋文庫(平凡社)から刊行されている。全4巻。
1816 嬉遊笑覧
喜多村※庭(いんてい)
江戸時代の風俗を分類した事典。「獣店」の項がある。岩波文庫から刊行されている。
1853 守貞漫稿
喜田川守貞
江戸時代の風俗を描写した本。「山くじら」として獣肉店が描かれている。「近世風俗志」として岩波文庫から刊行されている。
1832~1836 江戸繁昌記
寺門静軒
江戸末期の街の風物や行事を描いた本。東洋文庫(平凡社)から刊行されている。
hb015 1893 最暗黒の東京
松原岩五郎
明治中期の東京のルポタージュ。「居酒屋の前には焼鳥、焼鯣(やきするめ)、炙(やき)唐もろこしと匂をもって道を塞ぎ」とある。岩波文庫から刊行されている。
1899~1902 東京風俗志
平出鏗二郎
洋風化する明治中期の東京の風俗を描いたもの。「鳥肉は軍鶏、かしは、ひる等を主とす。…中略…軍鶏屋・牛肉屋・到る処になきはなく、或は相兼ぬるもあり」とある。ちくま文芸文庫から刊行されている。上下巻。
hb016 1903 食道楽 「報知新聞」に1年間連載された料理小説。西洋料理中心のていねいなつくり方とともに、主人公の決コンについてのドタバタもあり、楽しめる。岩波文庫から刊行されている。全2巻。
hb021 1908 明治事物起原
石井研堂
明治研究の必読書。「その後(明治十年頃)追々牛肉の需要多くなりしかば…中略…鳥屋もまた牛肉を兼営するやうになり」とある。ちくま文芸文庫から刊行されている。全8巻。
1911 東京年中行事
若月紫蘭
『万朝報』の記者が、明治の東京年中行事を探訪する。雑司ヶ谷鬼子母神会式の記述で「尚、序にこのお祭の名物と言うのは、平生からも名物である小鳥の雀焼」とある。東洋文庫(平凡社)から刊行されている。
hb022 1931 明治大正史 世相篇
柳田國男
「日本は鶏などでも明治の世になるまで…中略…始めてシャモの味などを知ることになったのかも知れぬ。…中略…主たる理由は肉需要の増進、殊に今まで食っていた分が乏しくなったことであった。足利時代の日記類を読んで見ると、鳥は雁鴨菱食から雉山鳥鳩鶯に至るまで、実に多くの種類と数とを、食べる家では食って居たのもある。鹿や兎の類も亦盛んに捕って居た。ただ家畜には手を着けなかったというのみで、我々は決して精進では無かった」とある。

▲ページトップへ


NEWS News 新着ニュース

全や連総本店一覧

全国やきとり連絡協議会一覧

メディア掲載情報一覧

名誉館長ブログ一覧

取材のお問い合わせ


PickUp Pick Up ピックアップコンテンツ

第10回全国やきとリンピック

やきとリンピック

全国のご当地やきとりが
信州上田に集結。
10月1日(土)・2日(日)開催!

ご当地やきとり

ご当地やきとり

北海道から九州まで全国7か所のやきとりを、東京・大手町で!

やきとりメニュー

やきとりメニュー

やきとりはもちろん、豊富なメニューでつい試したくなります

名誉館長ブログ

名誉館長ブログ

やきとりの最新情報が満載。これを読めばやきとり通に!

閉じる

【臨時休業】3月19日(日)、20日(祝)、26日(日)はお休みとさせていただきます